移動式喫茶店で健康になる集いの場をつくりたい!

〜福島県いわき市のおじいちゃんおばあちゃんに笑顔と元気をとどける〜

募集期間終了

オレンジカフェをご存知ですか?

2020年11月2日

オレンジカフェをご存知ですか?

いわき市ではオレンジカフェ(認知症カフェ)の活動を広げようとしています。。
 認知症カフェは、ヨーロッパで始まったスタイルを取り入れて、認知症の人とその家族を支援することを目的に、2012年から国の認知症施策の一つとして普及が始まりました。

2015年に国が「認知症施策推進総合戦略(通称:新オレンジプラン)」の中心施策の一つとして位置づけたこともあり、全国で急激にその数が増えています。

認知症の人とその家族が集うカフェは、それまでにもありましたが、現在の認知症カフェは、利用者を限定せず、認知症の当事者、家族、地域住民、介護や医療の専門職などさまざまな方が集うことが大きな特徴です。

地域の人たちが気軽に集い、認知症の人や家族の悩みを共有し合いながら、専門職に相談もできる場所となっています。認知症カフェは、カフェという自由な雰囲気のなかで、支える人と支えられる人という隔てをなくして、地域の人たちが自然に集まれる場所です。

今回の移動式喫茶店はは移動できる強みを生かして、地域にオレンジカフェの一端も担えるように行政との連携しめています!
 地域の福祉を担う活動になれるように頑張りますのでご協力お願いします。

みなさまご支援宜しくお願い致します!

top