FUKUSHIMA親善大使 Tシャツを作りたい!

心を一つに!「FUKUSHIMA」の応援団となる留学生たちのカラーTシャツサインプロジェクト

募集期間終了

それぞれが親善大使として出来ること!

2019年8月31日

それぞれが親善大使として出来ること!

10日間の福島県内でのプログラムが終了し、これからは各々の参加者が、福島の親善大使として活動してくれることが、期待されています!
福島に来て11日目の今日は、参加者にとっての自由時間。イギリスから来たライアンは、この自由時間に、広野町での「桜プロジェクト支援ボランティア」をしたいと申し出てくれました。
10日間のプログラムで、各々に感じたこと、福島に来る前に思っていた福島と実際の違い、そして、自分に何ができるか考え、ライアンができること、したかったことは、少しでも長く、福島に桜街道を作るための、ボランティア活動でした!ライアンの有志に、一同励まされました。

top