FUKUSHIMA親善大使 Tシャツを作りたい!

心を一つに!「FUKUSHIMA」の応援団となる留学生たちのカラーTシャツサインプロジェクト

募集期間終了

1日目が終了しました!

2019年8月20日

1日目が終了しました!

学長表敬後、総合教育研究センター特別教室へと移動した学生たちは、福大の学生たちと対面。簡単な自己紹介の後、マクマイケル先生より、震災後の「ほんとうの福島」について説明がありました。

午後、アイスブレイクオリエンテーションに続いて、永島恭子先生による書道体験と会話レッスンが行われました。書道体験では、自分の名前を漢字で書くことにチャレンジした留学生たち。慣れない筆に戸惑いながらも、楽みながらオリジナルの名刺を作成しました。

次に、元ラジオ福島アナウンサーの大和田新さんに「福島の何を伝えるのか」を講演頂きました。震災当時の写真がスクリーンに映し出され、家族を津波で失った方々のエピソードが語られると、涙ぐむ参加者の姿も。「津波の恐ろしさを知った。心が打たれた。」との感想がありました。
留学生たちは、渡されたTシャツに早速大和田さんのサインを頂き、笑顔で記念撮影を行いました。

明日からは県内をめぐり、地域の方々と交流を図ります。どれだけ沢山のメッセージが集まるのか楽しみです!

top