発達障害の息子と母の20年間を本にしたい!

発達障害の理解と支援のために、福島民報の情報ナビ「たいむ」に連載した子育てコラムを出版したい。

募集期間終了

支援者のお名前や住所の扱いについて【再投稿】

2019年3月26日

支援者のお名前や住所の扱いについて【再投稿】

 今朝、同様のタイトルで投稿した活動情報に間違いがあったので、再投稿いたします。
 プロジェクトに出資してくださったサポーターの情報が、プロジェクト終了まで私にはわからない、というのは私の完全な勘違いでした。皆様からのご支援は、その都度、私のほうでも確認できました。単純に私がその機能に気がついていなかっただけ……その説明は最初に聞いたはずなのに、すっかり忘れておりました。今朝の投稿を読んで不安や疑問を感じた方がいらっしゃったら、申しわけありませんでした。お詫び申し上げます。

 ..............

 プロジェクトがスタートして11日が過ぎましたが、本日、目標達成率は73%になりました。ご支援くださった皆様、本当にありがとうございます。まだまだご支援募集中ですので、よろしくお願いいたします。

 先日、息子の診察で病院に行って、主治医にクラウドファンディングで本を出すことをご報告したら、「それはいいことです! たくさんの方に参考になると思いますよ! ぜひ頑張って本を出してください!」と激励されました。
 息子が3歳の頃からずっとお世話になってきた先生です。たくさん励ましていただいて、とても心強く感じました。


 さて、今日は支援の際のお名前や住所の扱いについてです。

 サポートを申し込む際に、住所氏名等を記入していただくのですが、個人情報は入金の確認とリターン品の発送にのみ使用して、他の目的には使用されません。また発送を終了してプロジェクトが完了した後は、個人情報は完全に廃棄いたしますのでご安心ください。
 リターン品の発送作業は、本やオリジナルグッズの製作を依頼している「民報出版社」から行います。発送は8月初旬の予定です。

 なお、私とハンドルネームでお付き合いをしている方の場合、出資者氏名だけでは誰かわからない可能性があります。ぜひ「申し込んだよ~」とお知らせくださいね。

 その他、「申込者と振込の口座の名前が違うんだけど」「申し込んだ名前と本に掲載する名前を別にしてほしい」など個別のご希望がある場合には、 ley@nifty.com(える・いー・わい・あっと・にふてぃ・どっと・こむ) までメールでお知らせくだされば、対応させていただきますので、お気軽にどうぞ。

top