ニート・ひきこもりで悩む若者に寄り添う「伴走者」を増やしたい

~ 働きたいと願う若者がやりがいをもって働き、充実した人生を送る社会を目指して ~

募集期間終了

キャリア・デザイナーズの「伴走者」を紹介します(7)

2018年2月9日

キャリア・デザイナーズの「伴走者」を紹介します(7)

(利用者のみなさんと一緒に、交流会の準備をしています)

ご覧いただきありがとうございます。認定NPO法人キャリア・デザイナーズ理事長の深谷曻です。

私たちの活動内容をより多くの方に親しく知っていただきたく、キャリア・デザイナーズを支える「伴走者」を紹介いたします。第7回目は、就労体験の引率はもちろんのこと、内職作業やイベントで利用者さんと多く向かい合う柳沼さんを紹介します。

――『人とかかわる仕事がしたい』そんな想いで入社して3年。私にもできる事を探して日々自問自答の毎日です。まずは、社会は優しくて楽しいという事を伝えたいと思います。

ジョブトレーナーとして、若者が社会へ羽ばたくきっかけを作れるように共に作業し、働くことの楽しさや意義・大変さをわかち合っています。事務所に来ることさえままならなかったメンバーさんが、少しずつ慣れ、心を開き自分の目標を掲げるようになるまで、一朝一夕にはいきません。日々の活動の中で、不安を少しずつ解消し目標へ向けてのお手伝いが出来ていることは、自分自身のモチベーションと成長につながっていることを感じます。

キャリア・デザイナーズは失敗しても大丈夫な場所です。失敗することはもちろん怖いですが、キャリア・デザイナーズは安心して失敗できる場所です。ここでしか学べないことを学び、そして活かす事が大切だと思います。今日の自分は未来の自分の一部です。よりよい人生を築く為には何が必要なのか一緒に考え、働く不安を働き続ける自信へ変換し、その人らしいキャリアを見つけるお手伝いをしていければと思います。

top