たびとほっこり祭の継続開催を!

〜 田人の誇りプロジェクト「このまちで生きてゆくということ」〜たびとガイドマップとオリジナル・スタジャンを作りたい!

募集期間終了

田人町の観光の目玉 クマガイソウ ご紹介※2,000円サポートコース、15,000円サポートコース:入園券

2018年2月3日

田人町の観光の目玉 クマガイソウ ご紹介※2,000円サポートコース、15,000円サポートコース:入園券

クマガイソウをご存知ですか?

クマガイソウは、林などに群生する、多年生ラン科の植物です。膨らんだ花は、唇弁(しべん)が発達したもので、平家物語に登場する熊谷直実(くまがいなおざね)の母衣(ほろ)に見立てて、命名されました。決して「熊がいそう」なのではありませんよ。
「母衣」というのは、武士の七つ道具の1つで、戦場で甲冑の上に着る縦に縫い合わせた長い布のこと。馬で駆けると、風が中に入って膨らむから、後ろの流れ矢を防ぐ役割を果たしていました。
クマガイソウに似た花に、「幻」とも言われる、アツモリソウがあります。こちらも、平敦盛(たいらのあつもり)の母衣に見立てて、名付けられました。
クマガイソウとアツモリソウは、色が大きく違います。

田人町石住字綱木のクマガイソウは、故 平子長雄さんお一人が3万株!!にまで丹精込めて守り育ててきました。綱木地区は、10戸11人(2013年5月)の小さな集落です。ご高齢になった長雄さんと共に、
「これからはクマガイソウを地域皆で守り、育てていこう」
と、平成26年4月に「クマガイ草を守る会」が発足しました。会員は、綱木地区の皆さん、石住地区の皆さん、田人地区の区長さん、田人地域振興協議会の皆さんです。1年を通して、クマガイソウの手入れをしています。現在は、何と5万株にまで増えました!
 
 2~3月 落ち葉拾い、腐葉土蒔き
 3~4月 開園準備(チラシ作成、安全柵や看板の設置)
 5月   開園、来訪者への対応、お茶出しなどのお接待
 6月   間引き作業
 7~9月 寒冷紗(遮光幕)の設置
 11月   落ち葉集め
 12月   腐葉土作り

故 長雄さんによれば、
「(土地を選ぶクマガイソウは)とにかぐ手が掛かる。休めんのは雪降った時だけだ」そう。
長雄さんのご遺志は、しっかりと田人の皆さんに受け継がれています。

昨年11月から付近の道路工事が始まり、今年の見頃には歩きやすくなった道と広くなった駐車場で皆さまをお出迎えできます。
 
 ○所在地   いわき市田人町石住字綱木41
 ○開園日   4月下旬~5月中旬頃(花が終わり次第、閉園)
 ○開園時間  9:00~16:00※入園は15:30まで。
 ○入園料   お一人、300円以上の保護協力金をお願い致します。
 ○駐車場   付近にあります。※現在、増設中!

入園券は、2,000円サポートコースと15,000円サポートコースの返礼品に含まれています。ぜひ、可憐なクマガイソウに重ねて、故 長雄さんと守る会の皆さんの愛情と心意気を感じに、お越しくださいね!

top