たびとほっこり祭の継続開催を!

〜 田人の誇りプロジェクト「このまちで生きてゆくということ」〜たびとガイドマップとオリジナル・スタジャンを作りたい!

募集期間終了

第2回アートな田人フォトコンテスト審査会審査結果

2017年12月23日

第2回アートな田人フォトコンテスト審査会審査結果

 田人ならではの風景や芸能、アートを感じる写真を募った「アートな田人フォトコンテスト」の審査会が12月14日、田人支所で開かれ、特選1点、準特選2点、佳作4点の合計7作品が、入選作品として選ばれました。

◎特選(1点)



石森文夫「鳥をさがそう」黒田大沢地内

(審査員コメント)

審査委員長(山本伸樹氏)

・柿の木の抽象的な形の美しさが、とてもよく捉えられていると思います。とても魅力的な抽象画のような作品になりました。

アートミーティング実行委員(小野一夫氏)

・柿の老木全体を立体的に撮ることによって白く枯れた枝まで見え、晩秋の枯山水のイメージが表現されている。

アートミーティング実行委員(牧直美氏)

・大きな大きな老いた柿の木、老いてもなお実をつけるその姿に作者が惹きつけられていることを感じる。

○準特選(2点)
高木 忠「お馬さんと散歩」ほっこり祭


(審査員コメント)

審査委員長(山本伸樹氏)

・紅葉の彩りをバックに乗馬のシルエットを活き活きと捉えることができました。紅葉も鮮やかさが見れば見るほど鮮やかに見えてきます。

アートミーティング実行委員(小野一夫氏)

・タイトルみたいな「のどかな」感じではなく大きな馬にまたがる子ども、大人の表情や「ブレ」で緊張感が伝わってくる作品。


高木志津夫「神社へ上る神輿」田人町旅人


(審査員コメント)

審査委員長(山本伸樹氏)

・第一印象で心に残る、独特の気配を捉えることに成功していると思いました。祭りの持つ独特の気配、静かな緊張感の中の華やかさが写真全体に表現できています。

アートミーティング実行委員(小野一夫氏)

・担ぎ手と神輿と団扇のバランスが面白く表現されている。



佳作(4点)


柏舘 健「秋を彩る」田人ふれあい館近く


岡 光明「清流」田人町旅人横川地区


関 光雄「古式ゆかしく」289やさい館の近くの神社


面川 洋子「水面の油絵」田人町

<参考>

 応募者数  30名

 応募作品数 62点(1人3点まで応募可)

審査委員長 山本伸樹さん(2016アートミーティング実行委員)のコメント
 
 どの写真も田人の風景の魅力をとても上手く捉えられていて、ここに選んだ以外の写真にも秀でた写真がたくさんあり、絞り込むのに苦労しました。入選しなかった写真の中には選ばれた写真より秀でた写真もありましたが、いろいろな角度からアート性の強いという条件で、より独自性のある写真を残しました。

 入賞作品と、入賞はのがしたものの、「ほっこり祭」会場での来場者による投票の一般審査と審査員からの得点があった30作品を1月31日まで、田人支所内待合スペースに展示させていただいております。


<<お知らせ>>
【1月の全体会議】
1月の全体会議は1月11日(木)18時30分から開催します。

top