たびとほっこり祭の継続開催を!

〜 田人の誇りプロジェクト「このまちで生きてゆくということ」〜たびとガイドマップとオリジナル・スタジャンを作りたい!

募集期間終了

たびとグルメラリー ルポ「田人観光いちご園」編

2017年12月2日

たびとグルメラリー ルポ「田人観光いちご園」編

〆のデザートまでしっかり頂こうと、5,000円ご寄付いただいた場合と15,000円ご寄付いただいた場合の返礼品にも入園券が含まれている「田人観光いちご園」へGO!ウメモドキの自然なオブジェも素敵でした。「あきひめの秋」をおいしく頂きながら、冷凍苺の可能性に感服しましたよ!

蛭田秀美さん・はつ子さんご夫妻は、元々小松菜を作っていたそうです。ふれあい館のオープンに合わせて「この通りに人を呼び込もう!」と、いちご農家に方向転換。市南部にはいちご狩ができる場所もなく、試行錯誤を繰り返しながら、勉強したとのこと。特に、受粉を助けるミツバチの動きに苦戦したそうです。今でも「失敗ばかり」「満足したことがない」と、とっても謙虚なご夫婦。そう言えば、4年前の田人小の子ども達が完成させた映画でも、いちごは重要なアイテムでしたね!
まほっぺの力で「息子さんがしゃべるようになった」とも仰っていました。こんなところにも、まほっぺの存在感が!
田人産のベビーリーフのサラダには、いちごのドレッシング(500円)がかかっていました。いちごのきれいな赤が抜けないよう、ブルーベリーの量が調整してあるそうですよ。
米粉パンは噛み応えがあって、何も付けなくても自然な甘さがありました。柚子のカップに入ったアイスクリームはさっぱり!いちご入りのおしるこは、最早、定番ですね。
最後までぺろりと食べちゃいました!う~ん、別腹とは恐ろしい・・・。

今回は3店舗しか回れませんでしたが、どのお店からも田人の食を支えているという自信と誇りを感じました。
来年以降も、食べ歩きを楽しみたいと思います!ぜひ、みなさんも食を楽しみながら、お店の方や地元の方とおしゃべりしながら交流を深めてくださいね。
豪華商品のご紹介は、12月中旬の抽選会をお待ちください!
当たりますように。(日頃の行いを猛省中・・・。)

top